ウイングガンダム製作記
(MGウイングVer.Ka+ 1/100ウイング)
「カトキハジメデザインアンドプロダクツ アプルーブドガンダム」掲載の
「ウイングガンダム」をMGウイングVer.kaを芯にして、
旧キットのウイングからパーツ流用したり、部分的にパーツをスクラッチして製作。
作例では、羽、ライフル、シールドが未完成のままアーリーの羽を流用していたので、
ウイングVer.kaとTV版ウイングをミックスにしつつ、オリジナル要素を入れ作っています。



【頭部】
MGウイングVer.kaを芯にパテ盛りや削ったりして整形。
耳をプラ板でスクラッチ。ダクトは旧キットウイングから流用。
アンテナ基部は旧キットのでツノはMGウイングVer.kaのを取り付け。
バルカンは真鍮パイプ1.3mmに変更。

【胴体・腰】
首を3mmほど延長。
胸中央はパテで形状変更。ダクトはプラ板で作った後、パテ盛りして整形。
サーチアイは丸ノズルL、Uバーニアフラット、余っていたジュエルシールを使い3重構造に。
首周りはパテ盛りし整形後、ディテールアップ。

スカートは旧キットウイングのを幅詰めや側面を削りこんで小型化。
フロント中央の基部も幅詰めして、上面をプラ板を作り直し。
フロントスカートの角ばったところは三角プラ棒(3mm)で作り直し。
リアスカートのバーニアはくり貫いた後プラ板で塞ぎ、Uバーニアを取り付け。
フロント・リアスカート裏をエバーグリーンの細切りプラ板でディテールアップ。


【肩・腕】
肩アーマーは旧キットの一部パーツを幅詰めして基部にし、プラ板で形を作った後パテ盛りして形状出し。
アーマー内部の空洞を利用してフレームと接続。
肩裏はエバーグリーンの細切りプラ板でディテールアップ。

二の腕はMGガンダムVer.Kaのを縦横を幅詰めして流用。
爪は旧キットのを芯に製作。真鍮線で0.5mmプラ板で作った基部に取り付け。
シールドを取り付けるジョイントをMGガンダムVer.Kaから流用し、真鍮線で二の腕と接続。
手はHDM「MGウイングVer.ka用」を使用。


【脚部・足】
膝フロントアーマー上をパテで延長。サイドの膨らみを無くし●モールドを取り付け。
ふくらはぎ上部はまず裏からプラ板を貼り付け、パテ盛りして形状変更。
すねはフレームで3mm、アーマーすそで2.4mm延長。すねの形状をパテで変更。
後部のバーニア基部はプラ板でスクラッチ。バーニアはMGガンダムVer.Kaから流用。

アンクルアーマーは旧キットウイングのを幅詰めして小型化。
足は前部上面をパテ盛りして、サイドを平ノミで削り込み。かかとはパテやプラ板を使って形状変更。

【羽】
基部はMGウイングVer.kaを使い、羽はプラ板の断層(4mm)からスクラッチ。
小羽のほうはABSランナーを使い独立可動。
先端のバーニアはスリット入りプラ板を中に貼っておき、その上からプラ板で囲っています。

【ライフル】
MGウイングVer.kaと旧キットウイングをミックス。
銃口はエバーグリーンのプラパイプ。センサーは市販の角バーニアを取り付け。
その他、パテやプラ板で形状を少し変え、●モールドを後部に埋め込み。
グリップと手は真鍮線を使って固定。

【シールド】
開閉ギミックを仕込むため赤いパーツを分割し、Pキャップ類を使って可動。
シールドの形状はプラ板を主体に改修。



【その他の改造箇所】
余計なモールドをパテ埋めし、残したモールドを彫り直し。
400番→600番→800番→1000番のフィニッシングペーパーで表面処理。

【塗装】
瓶サーフェイサー1000番を吹いた後、関節色、ライフル以外に
スーパーホワイト+ガルグレー少量を吹き、
青:コバルトブルー+ホワイト+蛍光ピンク少量
赤:モンザレッド+シャインレッド+蛍光レッド少量
黄:黄澄色++ホワイト+蛍光オレンジ少量
関節:ニュートラルグレー+ホワイト+インディーブルー少量+シャインレッド少量
ライフル:ニュートラルグレー+インディーブルー少量(若干多め)+シャインレッド少量
弾倉:ニュートラルグレー+ブラック+インディーブルー少量+シャインレッド少量(若干多め)
サーベルの刃:ホワイトをハイライト吹き

【墨入れ】
白部:ダークグレー
青部:ロイヤルブルー
赤部:ハルレッド
黄部:オレンジ
関節:ブラック

【仕上げ】
付属シールと羽にはXデカールVの文字シール。
カメラアイは付属のシール、
頭部センサー、ライフルセンサーにはホログラムシール(緑)を貼り、
バーニア、サーベル、弾倉一部をスーパークリアーU(光沢)、
残りはつや消しUVカット+スーパークリアーU(少量)を吹いて完成です。

【あとがき】
実質製作期間2ヶ月以上。全てにおいて大変でした。
改造では、上腕、太もも、フェイスはウイングVer.Kaとの相互性を考えキットのままに。
他は極力作例と同じような形を作り、
羽もガンダムフィックス画を見ながらデザインを出しています。
ただ、フィックス画のウイングは暗闇に覆われて、基部やデティールが完全に分からず…。
塗装は、FDひろさんの「Ver.Kaコンペ」に出すことを前提にGFFのレシピどおりに調合。
カラーリングもほぼ作例どおりにしています。
シールはオリジナリティーを出すため羽に「G-CUSTOM」と「BLIND TARGET」を張ってみました。
「BLIND TARGET」はWファンなら知っているかもしれない言葉で、
キャラクターアルバムやラジオドラマに使われています。

ウイングガンダム ギャラリー

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット