1/100ネオガンダム製作記(MG改造)
1/100ネオガンダム、MGガンダムF91、MGクロスボーンを三個イチにしてネオガンダムを製作しました。
主にF91やクロスボーンのフレームを使い、必要な部分だけネオから流用。
プロポーションは脚部の延長と上腕の幅詰めのみに留めています。

【頭部】
ヘルメットはネオから流用。頬下を削り込み。バルカン砲をピンバイスで開口。アンテナシャープ化。
フェイスはF91から基部ごと流用。アゴの大型化とツインアイを作り直し。


【胴体・腰】
胴体はクロスボーンから流用し、パテやプラ板等で形状変更。首基部を2mm後方に位置変更。
コアブロックシステムは中の余分な箇所を削り落とした後、パテを盛りつけ、
リップクリームを塗ったコアファイターを押し込み接続。
腰部は基部とフロントスカートをF91から流用。フロントスカートをパテで形状変更。
股間、サイド・リアスカートをネオから流用。股間をプラ板で囲み大型化と、リアスカートを8mm延長。

【腕部】
肩アーマーはネオから流用。F91のフレームを接着して軸穴通しで接続。
肩先スラスターはプラ板でスクラッチ。
上腕から手首にかけてF91から流用。肩関節と上腕を繋ぐ箇所を2mmほど幅詰め。上腕のダクトを形状変更。
二の腕外装はネオから流用し、内部をくり貫きフレームに通して接続。



【脚部】
太もも、すね、足基部、かかとはF91から流用。パテ等で形状変更。
すねフレームはHJを参考にパーツの位置をずらして延長。
アンクルアーマーと一部のパーツをネオから流用。
アンクルアーマーは関節技(フレキシブルパイプ中)を使いフレームに接続。
つま先はクロスボーンから流用。パテ等で形状変更。


【武装類】
GバードはマズルをウイングVer.Kaから流用。センサーにHアイズを取り付け。
バーニア、パイプ等を市販パーツで作り直し。
サーベルとシールドのビーム部はF91から流用。


【コアファイター】
機首を4mm幅詰めし、基部にスライドギミックを取り付け。
羽先にHアイズを接着。ダクトをコトブキヤ「ダクトノズル」に置き換え。
ビームガン(ビームサーベル)の銃口を開口。





【その他】
バーニアのフチを薄く削り込み。スラスター等にスリット入りプラ板を塗装後に接着。
膝アーマー、足甲のスラスターをコトブキヤ「ダクトノズルV」に変更。
肉抜き穴をパテ埋め。F91のディテールを参考に凹落ちを追加。
スカート、肩、アンクルアーマー裏にディテールを施したプラ板を塗装後に接着。
素組み写真(

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット