BB戦士 武者號斗丸製作記

BB戦士20周年記念に再販されたBB戦士「武者號斗丸」をSDゴッドガンダムと二個イチにして、
今風のプロポーションに改修しました。
上半身は號斗丸のパーツをパテやプラ材でボリュームアップし、
下半身はゴッドガンダムのパーツを切り詰めや削り込みでボリュームダウンしてバランスを調整。
天鎧王、武零斗、羽荒斗に付属するパワーアップパーツも製作しています。



【頭部・胴体】
フェイスはキットの物を芯に縦長に改修し、
正面向き、右向き、左向き、爆熱陣発動時の目を描くため4個に複製。
本体側にPキャップ、フェイス側に3mmプラ棒を付けて取替えができるようにしています。
頭部本体、兜のセンサー等をパテでボリューム。
兜の取り付け位置を1mm後方に移動。
兜のツノ類の先端シャープ化と肉抜き穴をパテ埋め。
バルカン砲はモビルパイプに置き換え。
首関節にパテでスクラッチしたカバーを取り付け。
アゴ引きができるよう頭部に付けるPキャップの取り付けと軸の位置 を変更。

【胴体】
號斗丸の胴体パーツをスカートから切り離した後、底面を1.2mmプラ板で塞ぎ、
腰を接続するPキャップを取り付け。
肩関節はPキャップを組み合わせた物を付けて引き出し式に改造。




【腕部】
軽装形態の肩アーマーを合わせ目で1.2mm幅増し、
中に上腕を接続するPキャップを取り付け。
Pキャップが丸見えなのでプラ板でカバーを製作。
上腕は関節技にパテで盛り付けて作り出し。
二の腕は合わせ目で1.2mm、上面で1mm幅増し、
中に手を接続するPキャップを取り付け。
爪は側面にプラ板を貼って幅増し。
手はHDM「1/144レジェンドガンダム用」と取り付け。甲はパテでスクラッチした物を複製。
武者形態の肩アーマーは軸穴通しで接続。
「爆熱」「鳳凰」はディテールで再現。バインダーは先端を大型化。
バインダーと肩アーマーの隙間が目立つの関節部を切り詰めし、差し替えで展開を再現。


【脚部】
下半身はSDゴッドガンダムの物を丸ごと使用。
フロント・リアスカート、股間部の下側を切り詰め。スカート裏をパテ埋め。
HJの「隠密頑駄無」を参考に、股関節は関節技を使い新造。
太ももはパテで製作。サイドアーマーは太ももにスプリングで接続。
すねのすそとアンクルアーマーの間がスカスカなので、すね側をパテで延長。
足は側面と底面を削り込んでスリム化。アンクルアーマーと足の甲を別パーツ化。

【バックパック】
鞘は4mm延長し別パーツ化。延長したのに伴い、収納用に刃の無い刀を用意。
ウイング先端を大型化。

【武装・グレードアップパーツ】
刀の刃先、石破天驚剣の刃等の先端、兜飾りの先端をプラ板でシャープ化。
石破天驚剣にHアイズを取り付け。兜飾りの肉抜き穴をパテ埋め。
神具はプラ材でスカート等の大型化と、股間アーマーをパテで大きめに作り直し。
中央の口の部分は炎水の玉が中央に来るよう中をパテ盛り。








ステンレスボールと市販のプラパーツでディテールアップ。
素組み写真はこちらこちらこちら

【塗装(F=フィニッシャーズ ガ=ガイアノーツ 無記名=クレオス)】
400番→サフ→デティールアップ→600番→1000番→サフの工程の後、
白:ファンデーションホワイト(F)
青:ブルー11
赤:ファンデーションホワイト(F)→レッド1
関節:ファンデーショングレー(F)+ピュアブラック(F)
金:関節色→スーパーゴールド→クリアーイエロー+クリアーオレンジ
銀:関節色→メッキシルバー
緑:関節色→スーパーファインシルバー→クリアーグリーン

【墨入れ】
EXクリアー(ガ)を吹いた後、
白部:ジャーマングレー
青部:ロイヤルブルー+ブラック
赤・金部:レッドブラウン
その他:ブラック

【仕上げ】
金、銀、緑部にマスキングテープを貼った後、スーパーフラットコートを吹いて完成です。

[2008年2月29日完成]

BB戦士「武者號斗丸」ギャラリー

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット