1/35ランスロット製作記

バンダイからキット化された「1/35ランスロット」を可動やギミックを中心に改修しました。
可動では関節技を使い改造し、胸センサー、腰部ハーケン、メッサーモード等は
パーツ取りでキットをもう1個使い再現しています。素組み写真()



【頭部・胴体】
パケ絵を参考にアゴのライン変更。
胴体センサーは市販パーツとプラ材を使いスクラッチし、アーマーごと差し替えで再現。
胸アーマーの白と黄パーツを接合するピンを切り取り。
腹部は後加工したパーツに関節技を埋め込み、前後スイングを追加。
コクピット下部のジョイント穴をパテ埋めし、ジョイント穴を設けた腰パーツを差し替えすることで展示台に接続。
肩関節を関節技に変更。鞘とコクピットの接続部も関節技に変更。


【腕部】
上腕を2mmほど幅詰め。シールド裏はスカスカなのでプラ材でディテールアップ。
メッサーモードはシールドごと差し替えで、収縮部をプラ材でスクラッチし塗装後に接着。
手はソードと一体だった拳を別パーツ化。余った平手は指の角度を調整。


【脚部】
膝関節内部のピンを切り取り可動範囲を拡大。
すね側にPキャップを仕込み可動箇所を追加。
その際、接続部は2mm高くして延長効果を出し、間延びした関節を解消するため太ももをパテで延長。
腰のハーケンは差し替えで展開状態を再現。基部は腕部のハーケンを芯に加工。
足首関節のPキャップを関節技に変更。足裏と腰ハーケン裏の肉抜き穴をパテ埋め。



【武装類】
ソードの刃を1.5cm延長。拳と一体だった持ち手をプラ棒で作り直し。鞘は2個イチで延長。
ライフルは付属の物とは別に展開前の状態を用意。
ライフル先端にHアイズ(1mm)を塗装後埋め込み。
合わせ目が消しにくい筒状の部分をプラ材等で作り直し。グリップの肉抜き穴をパテ埋め。






【塗装(F=フィニッシャーズ ガ=ガイアノーツ 無表記=クレオス)】
240番→400番→600番→1000番の紙やすりで表面処理後、瓶サーフェイサー1000番を吹き、
白:ファンデーションホワイト(F)
赤:ファンデーションホワイト(F)→ブライトレッド(F)
オレンジ:ファンデーションホワイト(F)→オレンジ
濃い赤:ブライトレッド(F)+ブラウン
青:Gカラーブルー11
黒:ピュアブラック(ガ)
金:ピュアブラック(ガ)→スーパーゴールド→クリアーイエロー
銀:ピュアブラック(ガ)→メッキシルバー
胸部赤:ピュアブラック(ガ)→スーパーファインシルバー→クリアーレッド
グレー:エアクラフトグレー+濃いグレー系

【墨入れ】
スーパークリアーLを吹いた後、
白部:ジャーマングレー
黒・金・関節等:フラットブラック

【仕上げ】
本体にスーパーフラットコート+光沢剤少量を吹き、目に付属シールを貼り完成です。
(ソードの刃はクリアーコートを吹いていません)

[2007年6月15日完成]

1/35ランスロットギャラリー

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット