1/100ガンダムX+ディバイダー製作記
MGフリーダムガンダムと1/100ガンダムXを二個イチにしてガンダムX(以下GX)を製作。
MGフリーダムがほとんどベースで、部分的にGXのパーツをくっ付け、
武装はサテライトキャノンとディバイダーのコンパチです。

【頭部】
ベースはGXで、縦に幅詰めし頬や耳等の下部を削り込んで小型化。
フェイスはガンダムVer.Kaの物を加工。アンテナはシャープ化。

【胴体・腰】
胴体はMGフリーダムがベースで、胸中央、左右のダクト、首周りをGXから流用。胸先端を2mmほど延長。
ブレストバルカンは3mmプラ棒、腹ダクトをプラ材で作り直し。
背部はバックパックを取り付けるPキャップを内蔵し、プラ板で囲んでます。
フロント・リアスカートはMGフリーダムをベースに形状変更。サイドと股間部はGXから流用。
スカート裏はパテで裏打ち後、ディテールを入れたプラ板を塗装後に接着。

【腕部】
肩アーマーはMGフリーダムがベースで、肩先をGXから流用。
上腕から二の腕にかけてMGフリーダムがベースで、二の腕横はGXから流用。
手はMGウイングVer.Kaから流用。

【脚部】
脚部はMGフリーダムがベース。太ももはパテやプラ板で形状変更。
ふくらはぎ横はGXの延長したパーツを流用。すねはフレーム部で2mm延長。
アンクルアーマーはGXのパーツを幅詰めして小型化。
足は甲の部分をプラ板で延長して形状変更し、かかとは削り込んで形状変更。




【ビームライフル・サテライトキャノン】
ライフル銃口部を開口。センサー裏の肉抜き穴をパテ埋め。
サテライトキャノンのリフレクターを2cm延長。裏側をプラ板で塞ぎ、フチに沿って細切りプラ板を貼り付け。
バックパックは不要なPキャップ部を取り除いてプラ材で塞ぎ、
ライフルを取り付けるPキャップを小さく削り込んでからプラ板で囲っています。



【ビームマシンガン・ディバイダー】
マシンガンは銃口をMGフリーダムから流用。センサー部の肉抜き穴をパテ埋め。
ディバイダーはPキャップカバーを取り付け。肉抜き穴をパテ埋め。フチを薄く削り込み。
持ち手にABS棒を取り付け、ディバイダー本体にPキャップを仕込み接続。
バックパックへの接続は磁石を使い、差し込んで接続。









【その他の改造箇所】
不要なモールドをパテ埋めし、新規にスジ彫りやビーズ等でディテールアップ。
サーベル、ディパイダー等のダクトにモールド入リプラ板を貼り付け。


【塗装(F=フィニッシャーズ ガ=ガイアノーツ 無表記=クレオス)】
400番→600番→1000番の紙やすりで表面処理後、瓶サーフェイサーを吹き、
白:スーパーシェルホワイト(F)
青:スーパーファインコバルト(F)+ウルトラブルー(ガ)+ファンデーションホワイト(F)少量
赤:ファンデーションホワイト(F)→レッド1
黄:ファンデーションホワイト(F)→黄澄色+ファンデーションホワイト(F)少量
関節:ニュートラルグレー(ガ)+ピュアブラック(ガ)+ファントムグレー
ライフル:ファントムグレー
ソードの刃:ファンデーションホワイト(F)→蛍光グリーン→ホワイトパール(WAVE)
台座:ピュアブラック→ホワイトパール→コンパウンドとモデリングワックスで磨き

【墨入れ】
EXクリアー(ガ)を吹いた後、
白部:ジャーマングレー
青部:ロイヤルブルー
赤・黄部:レッドブラウン
関節等:ブラック

【仕上げ】
ガンダムデカールガンダムVer.Ka用(水転写)を貼り、スーパーフラットコート(F)を吹いた後、
スラスター、ハモニカ砲等にビーズを付け、
目、センサー、シリンダーに付属シール、サテライトキャノンのリフターにフィルムステッカーを貼り完成です。

[2007年10月11日完成]

1/100(MG改造)ガンダムXギャラリー

1/100(MG改造)ガンダムXディバイダーギャラリー

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット