投稿者:たかまるさん 作品名:「ZAKU EPIGONE Type‐S」

雑誌作例ではお目にかからなかったブラスト形態のザクウォーリアの登場です!
ブラストシルエットのみHG化されず
本体に合わせるために一番改造が大変そうなパーツです が、
各部精巧に作り込まれ、ザクウォー自体インパルスより も重量感あるデザインなので
一番ピッタリな印象に僕は見えますね。
アームの二重化は違和感がありませんよ。
ビームジャベリンではなくビームアックスを装備すると は驚き!
一体どこに閉まっているかというのは言いっこナシで (笑)

―――以下、たかまるさんのコメントです―――
<ブラストシルエット改造箇所>
・コレクションシリーズのブラストインパルスを使用。
 HJのブラストインパルスの作例を参考に改造しています。
・左右の接合面で0,5ミリ、中央接合部で1ミリ、プラ板で増幅。
 これに合わせて肩のビーム砲も側面に0,5ミリのプラ板を貼り付け、
 インテーク下部にも1ミリのプラ板を貼り付け。
・三角バーニアはモールドで切り離しフィンをプラ板で付け直して後ハメ加工。
・中央バーニアは、カバー、基部、バーニアに3分割。
 カバーのインテーク側はプラ板でデテUP。バーニア部はフィンを三枚に増やして
 底部にフォースシルエットと同じようにバーニア風のモノを作ってはめ込んでます。
 基部とカバー部を真鍮線で接続しバーニアが上下に稼動するように加工。
・レール砲ですが砲身は切り離して砲口くりぬき市販パーツで延長+デテUP。
 砲先のひさし部分を1ミリ延長。その上のサイト見たいな三角の部分も
 プラ板で一回り大きなものに交換。
 グリップ部はくりぬいてブリップをプラ板でつくり、真鍮線で可動+後ハメ工作。
・接続アームはジャンクパーツを利用して2段式にし、延長してあります。
・その他にはプラ板、市販パーツ、筋彫り、ピンバイスでデテUP。
・ビームアックスはコレクションシリーズのモノをプラ材等使って改造してあります。
 
3種のシルエットの中で一番手間隙掛かってます。
切ったり貼ったり繋いだり、もう大変でした。
でも一番楽しく製作できたのも、このブラストシルエットです。
レール砲のアームを2段式にしたには、こうしないと折角作ったグリップを
握らすことが出来ないからで、苦肉の策です。
おかげでバランスが悪くなったかも…
武器は本当ならビームジャベリンを持たせるべきなんでしょうが、
やはり「ザクにはオノ」って事でビームアックスを持たせてあります。
 
写真の加工にはこれまでは「ViX」を使っていたんですが
今回は回転、トリミングは「ViX」で、
リサイズ、画像圧縮には「縮小専用。」というフリーソフトを使いました。
「ViX」は使い勝手の良いソフトなんですが、
どうも今使っているデジカメと相性が悪いみたいで
画像を縮小したときにエッジ部がカクカクして滑らかでなかったり、
モールドのラインが線でなく点線になったりと、不満な部分がありました。
しかし「縮小専用。」の使用でそれらの不満がずいぶんと解消されました。
Vectorからダウンロードできますので、興味のある方は使ってみてください。
 
<あとがき>
作り初めて4ヶ月。紆余曲折を経てやっと完成しました。
それでなくても製作速度が遅いうえに途中製作が中断したり、
一日の製作時間が短かったりと、色々制約があったとはいえ
4ヶ月は掛かりすぎですね。
でも納得のいく仕上がりになったと思っています。
ホント完成してヨカッタヨカッタ♪
次はタチコマかな〜?その前に何かサクッと作りたいね。
 
最後に作品を見ていただき、本当にありがとうございます。
また長い説明文を真面目に読んでくれた方、心から感謝します。でわまた。










「ZAKU EPIGONE Type‐F」

「ZAKU  EPIGONE Type‐S」


 
感想は掲示板まで どうぞ。
 戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット