投稿者:たかまるさん 作品名:「ZAKU EPIGONE Type‐S」
 
大迫力のソードシルエット装着のザクウォーリア!
まず目を引くのがスクラッチされたブーメランの完成度。
僕なんか形状を出すだけでも大変だったのに、
たかまるさんはスジ彫りからシャープな形状にアレンジされてスゴ物の武器です。
アームのダミーシリンダーやバックパック本体のデティールは説得感がありますね。
塗装は白の下地ではなく、同系列の色を塗ってから決定色とは意外でした。
黄色は一番発色が難しい色なので、
同系列の色が下地でも十分発色が得られるのだと勉強になります。

―――以下、たかまるさんのコメントです―――
<ソードシルエット改造箇所>
・HGソードシルエットを使用。
・換装部分で1ミリ短縮。
・ブーメラン基部は後ハメ加工。ブーメランはプラ板でスクラッチしてます。
・アーム部はジャンクパーツや市販パーツでデテUP。
・ソードのビーム部はクリアレッドの下敷きから切り出したものに交換。
・その他には、プラ板、市販パーツ、ピンバイスなどでデテUP。
 
ビームブーメランは一回り大きなものをスクラッチしていますが、
そのままのデザインで作り起こすのもなんでしたので
デザインを変更して製作しています。
なるべく違和感のないようにデザインしたつもりですがいかがでしょうか?
アームのデテは作例のマネですが、こういうメカニカルなものを
少し付けるだけで良い雰囲気になりますね。
 
<カラーリングデータ>
Mrカラー、ガンダムカラーを使用しエアブラシ塗装。
白…ホワイト→Gカラーホワイト5
黄…ホワイト+イエロー→RLM04イエロー+蛍光オレンジ+ホワイト
赤…ピンク→キャラクターレッド+蛍光レッド+ホワイト
黒…メタリックグレー→ミッドナイトブルー+Gカラーファントムグレー
灰(各シルエット)…メタリックグレー→ガルグレー+グレーバイオレット+マホガニー
灰(関節など)…メタリックグレー→ダークシーグレー+マホガニー
灰(スラスター)…メタリックグレー→関節色+スーパーブラック
 
メタリックグレーはシルバー+フラットブラックです。
混色の配分は目分量で行ったのでよくわかりません。ゴメンナサイ。
スミ入れはタミヤのエナメル塗料。
サフはMrサーフェイサー1200、TOPコートは水性つや消しです。
 
塗装は正直言って苦手です。だから直ぐに簡単Fに走っちゃう…
でも今回は久しぶりの真面目な全塗装。結構苦戦しました。
サフ後にすべてのパーツを決定色と同系色で、まず下地塗装。
それから決定色で塗装しています。
おかげであまり厚塗りしなくても良い感じに発色してくれました。
ベタ塗りでも下地塗装は大切って事ですね。
 
マーキングはMG用の水デカールをメインにいつものように、
「これでもかっ!」ってくらいぺたぺたと貼ってあります。
MG用水デカールが発売されたことで今まで以上に
マーキングが楽しくって楽しくってしかたがないです♪
でも水デカールは(切る→濡らして貼る→マークソフター→乾燥)と
シールやドライデカールより手間が掛かるので
今回はマーキングだけで軽く10時間以上かかってしまいました。
目が疲れた・・・










「ZAKU EPIGONE Type‐F」

「ZAKU  EPIGONE Type‐B」


 
感想は掲示板まで どうぞ。
 戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット